ブログ

私がこれまで挑戦してきた副業 その1

こんばんは、Tさんです。

今回は今までに私が挑戦してきた副業について、今回と次回の2回に分けてザックリと触れていこうと思います。

・ネットワークビジネス

私が最初に挑戦した副業は、ネットワークビジネスでした。大学時代の先輩に誘われ、当時(今もかな)、会社勤めが嫌でしょうがなかったので深く物事を考えず飛びつきました。詳しくは省きます(未だによく理解していないので)が、これを中途半端に取り組んだ結果、自分には全く必要のないものを買い、さらに友人や家族の信用を失うことになりました。失った信用を取り戻すのは大変とよく言いますが、身をもって感じました。私はこの副業が周りの誰もがやっていいるようなメジャーな副業になったとしても二度とやることはないでしょう。

・ドロップシッピング

次に挑戦したのは株式会社もしもで有名なドロップシッピングです。こちらは、ネットショップに近いのですが、商品の販売サイトを量産し、そこで売れた商品の何パーセントかを販売手数料としてショップの運営者に支払われるというものです。

ネットショップとの違いは、発送や梱包などの作業は自分でする必要がありません。アフターサービスやクレーム対応などもする必要ありません。やることは商品が売れるような販売サイトを作り、それをネット上に公開するだけです。

私はヤフーのリスティング広告(お金を払って検索結果の上位に表示させるもの)を使って集客し、実際にいくつか販売することができましたが、リスティング広告の使用料がかなりかかり、手元に残る利益がとても少なかったです。また、通常のネットショップと違い、商品の在庫をしないでいいというメリットがあると同時に売りたい商品の使用感が在庫していないので分からないというデメリットもあります。実際にその商品を使って使用感を確かめたいのであれば商品を購入すれば可能ですが、その分はコストになってしまいます。それでもコストを回収できるくらいその商品がサイトから売れればいいですが、なかったときはそのまま損失になってしまうリスクがあります。

ネットの集客のやり方がわからなかったことと、あまりの利回りの悪さに続けることができなくなってしまいました。

・せどり(実店舗)

次に挑戦したのはせどりです。せどりというのは早い話が転売のことです。

私は古本のせどりをやっていました。例えばブックオフに行き、古本を安値で買い、アマゾンで高く売るというような手法です。この副業をやるにあたって問題になってくるのは、アマゾンで高値で売れる古本の見分けがつかないという問題があると思います。しかし、その問題もバーコードリーダーとスマホが簡単に解決してくれます。バーコードリーダーで調べたい本のバーコードを読み込み、そこからアマゾンの販売金額を調べられるアプリで検索します。実店舗で売られている金額のほうが安ければ購入します。まあ、今はもうほとんど稼げない手法ではあると思いますが、7,8年前はまだギリギリ稼げるような手法でした。

私の中ではこれはすごくお世話になった副業です。この副業の一番のメリットは成果が出るのが早いことです。回転の速いものだと、ネットに出品して数時間で買い注文が入ったりします。購入するのに使用した金額が、割とすぐに利益が上乗せされて戻ってくるので、それをすぐに次の仕入に使用できました。

逆にデメリットは、実店舗でバーコードリーダーでバーコードを読み取る行為が、どこか怪しく見えてしまうことです。違法ではもちろんないですし、他のお客さんに迷惑をかけないように注意してやるのですが、実際に何度かお店の人に声をかけられたりしました。また、せどりは先に紹介したドロップシッピングと違って、実際に在庫を持ち、発送なども自分で行わなければなりません。つまり、いろいろな手間が発生します。

自分は結局、何度かお店の人に声をかけられるうちに、萎縮してしまい、だんだんとこの副業をやらなくなってしまい、今ではほとんどやりません。

今回は私の経験した副業を3つご紹介しましたが…どれもうまくいっていなかったんですよね…

では、この続きは次回に回します。

ありがとうございました。

私が副業を始めようとしたきっかけ

こんにちは。Tさんです。

今回が初投稿になります。今日はまず、私が副業を始めたきっかけをお話ししたいと思います。まあ、よくある話なんですが、会社の上司の下で働くことが嫌になったんです。

私は今、会社の命令でフィリピンに出向している身です。そして、この出向先の会社のトップ2がとてもいい加減なのです。一人はとても重要なことをすぐに忘れてしまう社長、もう一人は自分の好きなことしかしない工場長です。この二人が本当にタチが悪い。

重要な提出物がまだ完成しておらず、その提出期限になっても定時に帰っていく社長

私の仕事の中に、会社の試算表を作成するという重要な仕事があります。そのため、毎回提出期限のアナウンスをし、社長にしかわからない重要な部分を質問するのですが、当の社長は「わからない・・・どうしたらわかる?」と私に聞いてきます…

「あんたしか知らねーよ」

…と言ってやりたいです…そのやり取りをもう3か月以上やっています。そして決まって定時前に帰っていき、後は電話でのやり取りです。そして当然のように試算表の提出期限には間に合いません。社長は提出期限に間に合わなくなると「来月は必ず提出します。」というのですが…口ばっかりです。

工場の問題をさも自分には責任がないと言わんばかりの工場長

上でも話しましたが、私の仕事に試算表の提出というものがあるのですが、それに付ける重要書類の中に在庫表というものがあります。

まあ、その名の通り、月末に在庫がいくつあるかを数える表があるのですが、出向先の会社はこの在庫表がめちゃくちゃになっており、本当に正しいのかわかりません。在庫表で何かつじつまが合わないことが発生すると再度確認を依頼するのですが、修正版を提出されるたびに新たにつじつまが合わない部分が発生します。それがエンドレスに続くのです。

そのことを工場長に指摘し、私が「どうなっているんですか?」と聞くと、「正しいものが出ないのは、そのエリアのマネージャーの責任だ」と一括されます。そして、そのエリアマネージャーを手伝うでもなく、何食わぬ顔でパソコンやスマホでゲームを始めます。

「ここはあなたの工場で、あなたの部下が業務出来ていないんだからあなたにも責任があるでしょうが。ゲームやる暇あったらエリアマネージャー手伝えや」

…と言ってやりたいですね。しかもこの工場長、毎週末に必ず飲みに半ば強制的に連れて行かされます。そして、決まって私の出向者経費を使い、タダ飯を貪るのです。私の金じゃないんだから問題ないだろう?と言わんばかりです。

試算表が提出できないと今度は私が出向元の会社から延々と怒鳴られます。

上記2人が主要な原因で、毎月試算表の提出が間に合っていません。そうなると今度は試算表提出の担当者である私が出向元の会社の上司に怒鳴られます。

「なぜできないんだ?いつできるんだ?」と出向元の会社から言われ、仕方なく上記のTOP2に確認すると、「なんともいえない…」「私の担当じゃないからわからん」という返事が返ってきます。

仕方なく私はそのままの返事を出向元にするのですが、「試算表を完成させるのがお前の仕事だ、、もう期限はとっくに過ぎている、、また今回も提出できないのか?、、お前はいったい何をやっているんだ?、、とにかく提出しろ」などの返事が返ってきます。

「今までの私の話聞いてた?出したくても出せないんだよ。それをそのまま他の二人にも言えよ」

…と言ってやりたいです。

とにかく、こんなような状態がかれこれ4か月近く続いています。

そんなある時、半ば自暴自棄になり、「全部私が悪いんだろう?もう煮るなり焼くなり好きにしろよ!」という感情が爆発し、体調を崩してしまいました。

今は体調がよくなりましたが、もう会社で働きたくないという思いが強くなりました。

だから私は、絶対にネット副業で今の収入と同じくらい稼げるようになり、自由を手にしたいと思っています。

この私のブログを読んでいる人も似たような環境なんじゃないでしょうか?

この先、私のブログがそんな人たちの手助けになれば幸いです。